ミモザホームページへ
社員インタビュー
閉じる
ある1日の流れ
5:50 起床、身支度
6:30 通勤
8:15 会社到着、身支度、施設内挨拶、予定確認
8:30 始業、朝礼、データ、入居予定者へ連絡
9:30 ご利用予定者にて新規契約
11:00 記録作成、データ作成、入居準備(担当職員へ伝達)
12:00 休憩、昼食
13:00 ご入居者の担当者会議
14:00 記録、書類作成
14:30 見学者の対応
15:00 ティータイム中の入居者へのご挨拶や会話
16:00 ご入居者への訪問介護
16:30 施設内掃除
17:00 夕礼、データ入力、記録作成
17:30 就業
17:45 着替え、退勤
18:45 自宅着、夕飯作り
19:30 家族と食事、家事手伝い
20:30 入浴
21:00 家族とテレビを観る
23:30 消灯



荻原 伸弥イメージ 荻原 伸弥コメント 短期間で現場から管理部門、そして責任者へ。さまざまな経験がマネジメント力を磨いてくれた。
管理者 荻原 伸弥 2012年4月入社
経理部での業務経験を通じて培った経営視点を活かし、売上や収支などをしっかり見据えた施設運営を行ってきた。今は新しい施設の立ち上げの真っ最中。本社の施設部と連携しつつも、運営方針の策定やスタッフ集め、広告、そして営業活動と幅広くリーダーシップを発揮する。
何も知らずに飛び込んだ福祉の世界
学生時代は経済を学んでいましたので、福祉・介護については全くのゼロからスタート。入社前にセミナーを受けてホームヘルパー2級(現在の介護職員初任者研修)を取るところから始めました。
ミモザの実務研修は「こういうやり方をしなさい」というものではなく、あくまでもきっかけづくりです。シフトづくりや人事関係書類の処理方法など、方法が決まっているものもありますが、介護技術をはじめとする施設運営に関わるものについては「これが正しい」という答えはありません。介助の仕方や声のかけ方、洗髪の仕方など、ご利用者ひとりひとりで違うため、セミナーや研修で習った介護のやり方が現場でそのまま通用するとは限らないからです。しかし、そうした「模範解答のない研修」こそが想像力と応用力を養ってくれました。おかげで「より良い介護を行うにはどうすれば良いか」を常に考える力がついたと思っています。
異動の早さは会社の期待感の表れ
ミモザの特徴のひとつに異動の早さが挙げられます。私は入社して4年目ですが、ほぼ毎年のように異動を経験したおかげで、短い間に数多くの業務に携わることができました。
戸塚での小規模多機能型居宅介護を皮切りに、同じ施設でのデイサービス部門、本社の経理部、大倉山の施設で副施設長兼デイサービスの管理者を経て、今は開設準備室長としてサービス付き高齢者向け住宅の新規施設立ち上げに携わっています。 これは若手を積極的に起用したいというミモザの姿勢の表れだと言って良いでしょう。福祉業界はこれからますます伸びてゆく業界だけに、今後は幅広い業務経験に裏打ちされたマネジメント能力の高い社員がいま以上に必要となるはずです。短い期間での異動はとまどうこともあると思いますが、入社間もないうちから様々な業務に携わったという経験値は、いざ自分が上の立場に立ったときに必ず力を発揮してくれます。
何よりも嬉しかった感謝のお言葉
私たちの仕事はサービス業ですから、ご利用者のご要望にできる限り添えるよう手を尽くすのはあたりまえのことです。そんな毎日の中、現場で介護業務に携わっているときにご利用者から感謝のお言葉をいただいたことが何度かありました。
それはたいへん嬉しいことなのですが、何よりも驚いたのは以前の職場のご利用者やそのご家族から、異動後にわざわざ感謝のお言葉をいただけたこと。現場から外れ、すでに関わっていないご利用者からお言葉をいただくというケースはなかなかありません。それだけに何ものにも代えがたいほど嬉しいものです。 直接お電話いただいたり、現在の管理者からの伝言という形で「あのときはとても助かりました」「本当にありがとうございました」というお言葉をいただいたとき、心からこの仕事に就いていて良かったと思いました。
後輩に向けてのメッセージ
私の入社時に言われた5つの言葉があります。あいさつ・時間管理・健康管理・メモを取ること・自ら学ぶ姿勢でいること。
どれも当たり前のことですが、実際に働き始めるとその「重み」がひしひしと伝わってきました。もし現場でご利用者に挨拶しなかったら?予定されているサービスを提供する時間に遅刻をしたら?体調管理が出来ていなくてシフトに穴を開けがちになったら…と、どれひとつ欠けてはならないことが分かりました。ミモザが求めている人材像は「謙虚に、積極的に」。それを実現するために不可欠なのが、先の5つの言葉の実践なのです。
管理職となった今では、入社時とは比べものにならないほど大切な言葉になりました。皆さんもぜひ座右に置いていただいて、私たちと一緒に頑張りましょう。
同じ職種の社員インタビュー
他の社員インタビュー

TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム