ミモザホームページへ
社員インタビュー
閉じる
ある1日の流れ
6:45 起床、朝食身支度、
7:45 自宅を出る
8:15 施設到着、施設内挨拶、本日の予定確認、休みの連絡対応
8:30 始業、朝礼、利用者到着前の準備
送迎担当者への支持
ご利用者到着までの施設内の準備
9:30 施設到着、ご利用者へのご挨拶、お出迎え
利用者の状況報告を職員に確認
10:00 家族及びケアマネジャーへの報告や連絡
11:00 体操の補助、ご利用者とのコミュニケーション
12:00 休憩、昼食
13:00 業務日誌の記録作成、ご利用者とのコミュニケーション
13:30 ボランティアさんの対応・準備、ご利用者の移動の対応
14:00 ボランティアさんによるレクリエーション(補助に回る)
15:30 通所介護計画書の作成
16:30 ご利用者の帰宅準備(トイレ誘導、身支度など)
16:45 お帰りのご利用者のお見送り
施設内掃除、明日ご利用者の準備
17:15 記録記入、職員の勤怠管理、
17:30 終業
17:45 着替え、施設を出る
18:15 自宅到着
夕飯作り
20:00 ご家族で食事
片付け、洗濯などの家事全般
21:00 入浴
22:00 TVを見ながらゆっくり過ごす
0:00 就寝


大川眞奈美イメージ 大川眞奈美コメント 自分のやる気と仲間の力が導き出す充実感。普通の主婦でもここまでできる。
介護スタッフ(兼 生活相談員) 大川 眞奈美 平成21年3月入社
「謙虚で丁寧」とご利用者はもちろんご家族からも評判の大川。
ご利用者が楽しめると同時にスタッフの負担も減る、一挙両得のレクリエーションを考案するなど、日々豊かな発想で施設を運営している。
私がミモザを選んだのではなく、ミモザがこちらへ来てくれた
私がミモザを知ったのは、医療事務に携わっていた病院を退職して間もない頃です。祖父がお世話になっていたデイサービスにとても助けられた記憶が強く残っていたこともあり、次は介護の現場で仕事をしてみたいと考えていました。今思えばご縁があったのだなと思います。真鶴にはそれまで大きな介護施設がなかったので、私がミモザを選んだというよりはミモザが真鶴に来てくれたという感覚でした。
ミモザで働いてみて改めて感じたのは、人を癒すのもまた人なのだということ。人との係わりに疲れて病院勤務を離れたのですが、ミモザでの日々はそれを補って余りあるものだったからです。感謝や思いやり、そして悲しみさえも一方通行ではなく、仲間とともに共有できる職場は充実感にあふれています。
また、職場までは家から徒歩で20分弱の距離なので通勤もラクになりました。仕事が終わればあっという間に家へ帰れます。仕事と主婦の両立をきちんとできるのは嬉しいですね。
目の前の問題だけをみても解決はできない
デイサービスの管理者という立場上、問題を抱えて悩んでいるスタッフと話をする機会がときどきあります。そんなとき、私は問題を乗り越えることのできる環境を作るように努めています。
例えば、ご利用者から入浴介助の時に「他の人がいい」と言われてしまったスタッフがいました。そうなるとその方を避けたくなるのはわかりますが、そのままだと次に別の方で同じような状況になったときにどうにもならなくなってしまいます。そこで、お茶の時間やレクリエーションの時などにコミュニケーションを取るように助言をしました。
目の前の問題だけを見ていても解決の糸口は見つかりません。その日だけはなんとか介助をさせていただけても、翌日はうまくいかないかも知れないからです。日頃から良好な人間関係が作れていなければ本質的な解決には繋がりません。不思議なことに、違うシチュエーションで接するうち、わだかまりがいつのまにか解消していたりするんですよ。
課題に対応したレクリエーションは一挙両得
ご利用者目線に立ってレクリエーションを考えることは大切ですが、スタッフが日々忙しいこともあってなかなか続きませんでした。そこで私は逆の発想に切り替えることにしました。普通ならやることが増える=大変、と考えがちですよね。ところが、やればやるほどラクになるとなれば話は別でしょう。スタッフの手が足りない、ご利用者の皆様がつまらなそうにしているなどの「課題」を解消する前提で考えるようにしたところ、スタッフからどんどんアイデアが出てくるようになったのです。
例えば「何でも1位選手権」というのがあります。意欲の低下が見られるご利用者が目立ってきたな、と感じたので、なんでもいいから自分が一番、と思えることを発表していただく企画を立てました。これはご利用者の皆様にたいへん喜んでいただけました。自発的に考えることで意欲も向上しますので、その分スタッフも楽になります。まさに一挙両得の効果がありました。
後輩に向けてのメッセージ
ミモザの良いところはたくさんありますが、特に挙げたいのは人間関係でつまずいたときに違った道を指し示してくれるというところ。そんなとき、違う施設への異動を含めてミモザは最大限の配慮をしてくれます。また、ミモザの社内には上下左右の組織の壁にとらわれず思いやりの連携があり、困ったこと、思い悩むことがあったときに助けてくれる仲間がたくさんいます。普通の主婦の私が頑張って来られたのも、仲間の助けがあったからこそでした。
老いは誰にでも訪れます。そして家族だけでなく自分の未来を考えた時、知らなかったでは済まされないこともたくさんあります。
私自身も、ミモザで介護の仕事に就いていなければ不安の多い将来だったと思います。家族や自身のことに「まだ早い」はありません。ミモザはその思いや頑張りが形にできる会社でもあります。育児の次は「育自」で自分を育ててみませんか?きっと今まで見えていなかった自分に出逢うことができるはずです。
同じ職種の社員インタビュー
他の社員インタビュー

TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム