ミモザホームページへ
社員インタビュー
閉じる
ある1日の流れ
6:30 起床、身支度
7:30 通勤
8:15 会社到着、身支度、施設内挨拶、予定確認
8:30 始業、朝礼
9:30 入居者部屋訪問
11:00 記録作成、データ作成、入居準備(担当職員へ伝達)
12:00 休憩、昼食
13:00 管理者会議
15:00 施設に戻り、書類作成
16:00 ご入居者への訪問介護
16:30 施設内掃除
17:00 夕礼、データ入力、記録作成
17:30 就業
17:45 着替え、退勤
18:45 友人と食事
22:00 帰宅・入浴
23:30 消灯



鈴木 悠太イメージ 鈴木 悠太コメント 大切なのはコミュニケーション。より良い運営を実現するのは自分の力だけではない。
管理者 鈴木 悠太 2012年4月入社
不断の努力が評価され、入社2年目で施設長、4年目にして新規施設の開設準備室長に抜擢された鈴木。「任されたからには必ず結果を出す」のが身上だが、それを実現するのは自分の力ではなく、スタッフとのコミュニケーションに尽きると穏やかに語る。
働くなら、人の役に立つ仕事
就活の時は消防士や警察官も視野に入れていたのですが、それらは基本的に問題が起きないように未然に防ぐ仕事。一方、介護は今起きている問題に自分が直接関わって解決へ導くことができる仕事です。それに気付いてからは介護業界一本に絞りました。
ミモザを選んだのは「温かい家庭のような介護を提供する」という企業理念に共感したことと、当時の人事本部長に会ったこと。面接の時に歳も若いのにすごいな、この人のようになりたいな、と感じたことが決め手になりました。
入社後は介護職員から管理者代理、管理者とキャリアアップを重ね、現在は新規施設の立ち上げを任されています。本社の指示判断を仰ぐ部分もありますが、コンセプトのイメージを組み立てたり、料金体系や運営方針などのシミュレーションを行ったりと、運営に関わる様々な業務を手掛けています。また、ご利用者にご入居いただくための営業活動も並行して行っています。
スタッフの協力あっての施設運営
初めて施設長になったときのことです。気負いもあって、当初は何でも自分でやろうとする傾向がありました。しかし、それでは人間関係や施設運営があまりうまく行かなかったんですね。
スタッフの皆さんに気持ち良く働いてもらうためにはどうすればいいかと考え続けてわかったのは、介護の仕事はチームワークで行うものだということ。私ひとりが旗を振ってもうまくいくはずがない、そんなあたりまえのことに気付きませんでした。
それからはスタッフひとりひとりと面談をしたり、気軽に相談できるような機会をできるだけ作るようにしました。すると、びっくりするほどいろいろな意見を言ってもらえるようになりました。チーム全体の士気も上がり、イベントやレクリエーションなどのアイデアも積極的に出してもらえるようにもなったのです。まるでそれまでの空回りがウソのように変わったのには本当に驚きました。
経営的な視点を持つことの大切さ
ご利用者の数や売上げなどの数字を意識することは幹部職なら当然のことですが、加えて私は現場のスタッフにも経営的な視点を共有してもらうことが大切だと考えています。
例えば、ご利用者が減るというのは売上が下がるということです。それを最小限に抑えるにはどうすればいいでしょうか?答えは、現在いらっしゃるご利用者が「もっと利用したい」「ずっとここにいたい」と感じていただけるようにすること。そのためには「自分たちがやりたいこと」を提供するのではなく、ご利用者の声を聞き、ご利用者の立場に立って考える必要があります。新規のご利用者を獲得することも重要ですが、それだけではダメだということです。
私は会議の席などで折を見てはそうした話題に触れるように努めてきました。問題意識を持ってもらうと同時に、解決するためにはどうすれば良いかと常に考える習慣をつけてもらうことがより良い施設運営につながるからです。
後輩に向けてのメッセージ
ミモザは若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる会社。幹部職にも若い人が多く、比較的年齢が近いこともあって気軽に相談しやすい環境でもあります。
私は経営学系の大学出身で、介護の世界はまったくの門外漢でした。福祉を専攻してきた仲間も多いだろうと思っていましたので、果たして皆についていけるだろうか、ご利用者に安心して介護をお任せいただけるだろうかという心配がありました。
しかし、ご利用者とそのご家族からすれば、目の前にいる私たちは全員が介護のプロです。甘えは許されませんし、何よりもプロへ向けられる期待に必ずお応えしなければならないという気持ちが奮起に繋がりました。
同時に先輩方からの指導や助言がとても心強く、入社後すぐに当初の不安は吹き飛んでしまいました。皆さんも同じ思いを抱くかも知れませんが、不安はあって当たり前。まずはミモザがどんなところかを見に来てください。
同じ職種の社員インタビュー
他の社員インタビュー

TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム