ミモザホームページへ
社員インタビュー
閉じる
ある1日の流れ
8:00 起床、身支度、朝ごはん
8:30 通勤
9:45 会社到着、身支度、施設内挨拶、予定確認
10:00 始業、早番スタッフから申し送り
10:15 ご入居者と一緒に体操
11:00 記録作成
入居者対応(トイレ誘導)
12:00 食事準備、食事介助、口腔ケア
13:30 休憩
14:30 入浴介助
16:45 施設内清掃
17:00 夜勤者へ申し送り
17:15 ご入居者の夕食準備
18:30 夕食配膳、下膳、記録記入
19:00 終業、着替え
19:45 退勤
20:45 帰宅、入浴
21:15 夕食
21:45 音楽を聴いたりテレビを観たり
0:30 就寝



篁真衣イメージ 篁真衣コメント ご利用者様との交流が何より楽しい。皆様からお声掛けいただけるようになることが目標。
介護スタッフ 篁 真衣 2015年4月入社
介護の知識や資格がほぼゼロの状態で入社した篁だが、持ち前の笑顔と行動力で入社わずか2ヵ月足らずのうちに安心して介助を任せていただけるようになったという。
現在は有料老人ホームで食事の配膳やご利用者の口腔ケア、排泄介助などに力を注いでいる。
困っている人を助ける仕事がしたかった
学生時代はスポーツインストラクターを目指していましたが、就職活動にあたってはまずマッサージを手掛けてみたいと考えるようになりました。自分自身が腰痛持ちで痛い思いをして来たので、同じ悩みをかかえている人の身体を改善してあげられればというのがその理由です。そして同時に検討したのが介護業界。私は母と祖母の両方が介護の仕事をしていたこともあり、もともと興味のある業界でした。
どちらも「困っている方の手助けをしたい」という共通の思いがあったのですが、ミモザで仕事をしようと決めた直接の理由は施設見学で受けた印象でした。まるで家のような温かい雰囲気と、そこでご利用者の皆様が本当に楽しそうに過ごされている姿を見て、こんなところでお年寄りの方々のお手伝いができたらいいなと思ったのです。他社の説明会などにも参加してみましたが、ミモザのような雰囲気のところはひとつもありませんでした。
未経験でも日々の仕事から学んでいける
入社するまで介護の知識やスキルはほとんどありませんでしたが、毎日の仕事を通じて自然に無理なく身につけることができました。文字通りのオン・ザ・ジョブ・トレーニングですね。
学習も大切ですが「やってみなければわからない」ことがたくさんあることも実際に実務についてみてわかったことです。たとえば、ご利用者をベッドから車椅子へ移乗しようとするとき。ご利用者はそれぞれお体の状態が違うので、ご負担のないようにお手伝いするには方法をひとりひとりに合わせる必要があります。基本的な方法は教えてもらえますが、そこから先は応用。自分の工夫が不可欠ということです。
最初は緊張しましたよ。でも、こちらが緊張するとご利用者も緊張して身体が硬くなります。思わぬ事故が起きないよう、先輩に力を貸していただきながらできるだけリラックスして、次第にコツをつかんでいきました。
積極的に話しかけることの大切さ
私は日頃から廊下ですれ違った時や、食事を配膳するときなど、ちょっとしたきっかけを見つけてはご利用者へ積極的に話しかけるようにしています。続けていると、次第にご利用者様から声をかけていただけるようになるのが嬉しくて。
中でも忘れられないご利用者がいます。その方は私たち職員にはもちろんのこと、ご利用者同士とでも挨拶程度で普段ほとんど会話をされない方でした。
当然、私が何回話しかけても反応はありません。やっぱりだめなのかな、声のかけ方が良くないのかな、といろいろ悩みもしたのですが、ずっと話しかけ続けていたら、ある日突然応えてくださったんです。そのときは嬉しいというよりもびっくりしたというのが本音でした。なにしろご家族の方が話しかけても反応が無かったりする方でしたからね。でも、本当に嬉しかったのはその後。毎朝お声がけをすると「おはよう」と返してくださるようになったからです。
後輩に向けてのメッセージ
私は介護に関わる勉強をほとんどしていない状態で入社しましたので、最初はどうしよう、自分にも出来るだろうかと不安でいっぱいでした。
でも、いざ仕事を始めてみると、社内セミナーや先輩方の丁寧な指導のおかげで、短期間のうちに介護の基本的なスキルと知識を身につけることができました。
今では大概のことを1人でこなせるようになりましたが、分からないことや困ったことが起きたときには迷わず先輩に相談しています。すぐにサポートしてもらえるのでとても心強く思っています。
私の今の目標は介護職員初任者研修資格を取得することですが、仕事との両立は時間を効率よく使うことが求められます。ミモザを目指される皆さん、資格はできれば比較的余裕がある学生のうちに取得されておくとラクですよ。
同じ職種の社員インタビュー
他の社員インタビュー

TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム