ミモザホームページへ
育児世代の方へ
ミモザ採用サイトTOP >> 育児世代の方へ
ミモザ株式会社では育児世代の方にも安心して働いていただけるよう、各種応援制度などを用意しています。
出産後に復職して活躍している先輩社員もたくさんいますよ。育児と仕事を両立したキャリア形成を応援します。
ミモザで働く安心
保育園の送り迎えなどお子様の都合を
考慮します。
ご自宅近くなどの勤務地を
考慮します。
例えば妊娠中の体調に合わせて
業務内容の変更を考慮します。
既定のお祝い金を支給します。
(※正社員のみ)
活躍中の先輩社員がたくさんいるので、
気軽に相談しやすい環境です。
先輩ママ・パパの声
ミモザ茅ヶ崎萩園 宮川千慧
育休取得で気を付けたことは?
育休取得をさせて頂く前は、休んでいる間に、自分自身の仕事を他の社員の方にやって頂く為、仕事を引き継いで下さる方が困らないように、引継ぎをしっかり行うことに努めました。
育休取得で得られた貴重なもの、過ごし方は?
育休取得で得られたものはたくさんあります。
中でも、産まれてから1歳になるまで、子供にとっても、親にとっても、その時にしか無い大切な時間を毎日一緒に過ごせたことです。
赤ちゃんの時期は本当にアッという間なので、どんどん成長していくその時期を、仕事のことを気にせずに成長を見ていけることもとても嬉しかったです。
また、2回目の育休の時は、「ママ今日お仕事?」と気にしてばかりいた長女が2歳だったので、幼稚園入園前の一年間を毎日一緒に過ごせたことも、本当に良かったと思います。
過ごし方は、朝から晩まで子供達の世話に追われながらも、色々な場所へ出かけたり、時には子供達と一緒にのんびりしたり、とにかく家族との時間を大切に過ごしました。
復帰後の様子、働き方は?
復帰前は久しぶりの仕事に緊張していましたが、上司の方々はじめ、引き継いで下さっている社員の方や、スタッフの方々が温かく迎えて下さり、安心しながら仕事復帰することが出来ました。
まだ子供達が小さい為、時短勤務にして頂いたり、子供が体調悪い時は、快くシフト調整をして下さったりと、上司の方々のきめ細やかな配慮をして頂ける中、勤務させて頂き心より感謝している日々です。子育てをしながら働けるように応援して下さっていることに応えていけるように、自分自身の中では常に責任を持ちながら、誠意を持って仕事に取り組むように努めています。
ミモザで働こうとする育児世代に向けたメッセージ
私は育休を2回取得し仕事復帰をさせて頂きましたが、その経験から思うことは、ミモザは育児世代でも働けることを応援して下さる会社だと思います。
子育てをしながら働きやすい環境を作って下さることへの安心により、私は日々背中を押して頂きながら仕事、育児と楽しみながら向き合えています。
育児真っ只中な方でも、また今後産休、育休を考えている方にも、とても働きやすい会社であるということを、自信をもってお伝えしたいです。
ミモザ白寿庵大倉山 岡田法恭 エリア長
育休取得で気を付けたことは?
私は4か月間の育児休暇(1ヶ月間は有給取得)をとらせていただきました。一人目の子供ができた時、育児休暇のことは全く考えていませんでした。二人目ができたのがわかったころ、同じアパートのご主人が育児休暇をとっていることを知り、育児休暇について調べました。会社として前例がない分、取得できるのか、上司は受け入れてくれるのか、少し不安でしたが、当時の人事総括に相談したところ『取得する権利は誰にでもある。この会社ももっとそうゆう環境を作っていかないといけない。とっていいよ。』と言われ、育児休暇をとるために何をしないといけないか、を考えました。まず、当時の上司に、何月が出産予定で、いつから育児休暇をとりたいという意思をはっきりつたえました。
育休取得で得られた貴重なもの、過ごし方は?
育児休暇中は朝ごはんの支度と娘の面倒が主でした。娘は3歳になる頃で手がかかる時期でした。俗にいうイヤイヤ期です。日課は朝食後、公園に二人で遊びに行くことでした。娘と過ごす時間が長いことで新しい発見や成長に驚かされていました。喧嘩もたくさんしましたが・・・。そんな育児休暇中で最大のイベントが、兵庫県にある曾祖父母の家へ新幹線を使い、娘と二人で行くことでした。不安だらけでしたが、二人きりでも外泊ができ、娘の成長を感じ、親としての自信になりました。
育児休暇をとり、子供と向き合うことで初めて父親になったような気がしました。
復帰後の様子、働き方は?
復帰後も管理職として、自宅から近い勤務先を提示してくださり、本当に助かりました。妻も安心だったと思います。
ミモザで働こうとする育児世代に向けたメッセージ
育児休暇をとることのメリットはたくさんあります。家族での時間が増える、子供と向き合える時間が増える、子供の成長を感じることができる、親としての自覚を再確認できる、親としての自信になる等。またその経験が仕事でもとても役立っていると思います。子育てをしながら働かれる方の気持ちや、親の面倒を見ながら仕事をされている介護者の方などの気持ちも考えることができ、様々な面で私自身も成長できたように感じます。
育児休暇をとりたいとはなかなか言いにくいこともあるかと思いますが、その時期が来れば会社はやっていけるものです。(とるまでの準備や引継ぎは怠らないように) 育児休暇で会社を休むのも、人生の中でとてもいい経験だと思います。
最後に一番感じたのは、育児・家事が本当に大変な仕事であるということです。日常の生活のなかで忘れがちですが、本当に妻には感謝しています。



TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム