ミモザホームページへ
研修制度
ミモザ採用サイトTOP >> 研修制度

各種研修制度








TOP

各事業所ごとの求人情報応募フォーム
ミモザ研修所・所長による 「ミモザ総合研修所ツアー」
 
新たに入社した職員に最初に受講していただきたい研修です。私たち職員の介護スキルアップを目的とした自己啓発型研修です。「体位変換」「移動・移乗・更衣」「食事・清潔・排泄」「入浴」の4つのコースから成り、介護福祉士実技試験の合格レベルを目標に基礎基本から学びます。平成24年9月の開講以来、毎年600名近くの方が受講しています。開講日には、共に学びあう異なる職場の職員たちの真剣な表情と明るい笑い声が響いています。普段接することの少ない他施設の職員とコミュニケーションが取れることもメリットです。
 
新しく入社された職員の教育担当者(エルダー社員)の養成研修です。介護の仕事が初めての方や、慣れていない方など様々な方が不安いっぱいで入社されますが心配いりません。この研修で培った知識と高い志で「エルダー社員」がしっかりフォローしていきます。施設でのOJTで指導していくにあたって偏った指導にならないように、教えるための心得やポイントなどを勉強します。
 
正社員登用制度の一翼を担った研修です。正社員として必要な知識と考え方を学び、将来の幹部社員候補として、現場の課題認識と解決のための取組みを実践を通じて勉強します。
 
「有料老人ホーム」「グループホーム」「デイサービス」「小規模多機能型居宅介護」「サービス付き高齢者向け住宅」など各事業単位の属する管理者以上が集まって、事業としての課題、施設としての課題を通して、よりよい介護サービスを提供するための知識・スキルアップを目指します。責任者としての運営課題発見力、課題解決力を養い、適切でより高いレベルの運営を話し合います。
 
「施設長」「管理者」など階層別責任者のための研修です。経営幹部職として必要な専門知識や判断力、見識を養い、経営成果の向上を目指します。共通の課題についてのグループディスカッションなども取り入れています。